ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

ハローワークは非正規化が進んだ代表的な職場

ガネしゃんです。いつも見て頂きありがとうございます。

 

3月3日の新聞記事に興味深い記事を目にしました。

 

仕事を探す人達の手助けをする国の機関ハローワーク(公共職業安定所)しかしそこに勤める相談員の多くが非正規の公務員。自らも不安定な身分なのに、人の就職相談に応じる矛盾。

 

就職相談する相談員も非正規で任期が1年。

 

職場では毎年1月頃非正規の職員が集められ、次年度の各職種の定員が発表になる。

2月ごろに面談があり、同月中に次年度の継続か否かが知らされる。

 

「自分と同じように働く事に悩む人を応援したい」Aさんは、そんな気持ちで採用され、正規の職員と同じ仕事をこなす。相談員として採用された3年目の1月、自分が所属する若者向け相談員の定員が「マイナス1」と一覧に書かれていた。「誰が減らされるのだろう」と思っていると、同僚から「大丈夫?」と声を掛けられ求人票を紹介された。

「あ、マイナス1は自分だったんだ」とがくぜんとした。

 

自身をとりまく不安定な非正規の現状について毎年12月頃になると、来年度も自分が働けるか心配になり、「気持ちがゆれて、お客さん’利用者’の気持ちにどこまでより添えているか」分からないそうです。

 

国でも自治体でも非正規の公務員は増えています。

 

景気で増減され09年度のリーマン・ショックで求職者が増えた当時は非正規相談員は前年より7600人増の1万7870人に。11年度には東日本大震災の影響で被災相談員も2万1295人になった。これをピークに翌年度以降は政府の雇用対策の予算が減り、大量の雇い止めになっている。

 

人々の不安、家族を支える立場になるとより重い意味を持つ。

来年の更新を考えると思った事も強く言えなくなる。。

嫌なら辞めればいい。変わりはいくらでもいる。

 

長く働いている非正規職員ほど、経験豊かで知識があるのかもしれません。

 

悩みを分かってくれるけど、来年は消えるかもしれない非正規職員

失業という本当の不安を知らない正規職員

 

失業の不安を考えた時、あなたならどちらに相談に乗って貰いたいですか??

 

約2年ほどで職員は異動になり地域の事を考えた時、今後どうなっていくのだろうかと

考えさせられる記事だなと思いました。

 

 

 

働く女性ほんとの格差 日経プレミアシリーズ

働く女性ほんとの格差 日経プレミアシリーズ