ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

奈良ホテルの【クリスマス☆アフタヌーンティ】

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

先日娘が久しぶりに1日休みが取れるということで、仕事を休んで2人でクリスマスアフタヌーンティーを楽しんできました。

 

◆前日までのご予約制です

 

Christmas Afternoontea

12/1(thu)~12/25(sun)

平日6500円/土日祝・12/23(fri)7500円

 

1部 11:30~(30食)/2部 13:30~(30食)

見た目も満足です♡

こういった雰囲気に慣れていないので、緊張気味の娘に内心ドキドキの私も、アフタヌーンティは楽しむ事!と落ち着きを見せて(;・∀・)いました。

 

ウエルカムドリンク 

クランベリーとカシスを良く混ぜ合わせて頂きます。

 

動画を撮ったのですが、混ぜ方が庶民的(#^.^#)

 

お隣の慣れた感じの方々はゆっくりと混ぜてらしたそうです(by娘)

甘くてとっても美味しい♡

セイボリー:クラムチャウダーブレッド

      冬野菜のサラダ ツリー仕立て 柚子ジュレ

      炙りローストビーフの手毬寿司 GARI

 

セイボリーとは

塩気のある食べ物の事でサンドイッチやオードブルの事を指す、いわばスイーツのわき役です。夫曰く、沢庵の感じ(*_*)

 

甘い物を食べている間にちょっと塩気のあるものが食べたい時に食べるそうなのですが、今回はオードブルの様に最初に出てきました。

 

 

上段:グラスに入ったショートケーキ/シュトーレン

   ラズベリーと洋ナシのムース/紫芋モンブラン

 

どの段も大好きなスイーツばかりで、選ぶのも楽しい。可愛いので食べるのがもったいないくらい。見た目も十分楽しめました。

中段:ほうじ茶とリンゴのヴェリーヌ/ミニブッシュドノエル

   パンプキン蒸しケーキ/プチシュー

ほうじ茶のリンゴのヴェリーヌはムース仕立てで、この段でも一番好きな味です。

ヴェリーヌとは

ガラスの器に3つの異なる味の液体や固形を重ねて盛り付けたお菓子

見た目の通り爽やかな味です。

 

下段:クランベリースコーン マスカルポーネのクリーム添え

   マロンパイ/ミニカヌレ/アーモンドクッキー/バニラマカロン

 

スコーンはクリームをつけなくても、香ばしくて美味しかったです。カヌレはミニと書いてありましたが、普通のカヌレの大きさで、洋酒が効いていました。

 

ドリンクメニュー

☆奈良ホテルオリジナルブレンドティー

アッサムとダージリンのブレンド

 

☆ダージリン

夏摘みのダージリンを使用した重厚な味わい

 

☆アールグレイ

秋摘みのダージリンにベルガモットの爽やかな香り

 

☆モルゲンタウ

中国緑茶にバラの花びら・マンゴーをブレンド

 

☆グリューワインティー(ハーブティ)

ハイビスカスをベースにカルダモンやジンジャー、オレンジなどをブレンドした冬季限定のハーブティ

 

☆ウインタードリーム(ハーブティ)

ルイボスにオレンジピールやシナモンをブレンド

 

☆フルーティーカモミール(ハーブティ)

カモミールとオレンジの優しい香りのブレンドハーブティ

 

☆ルイボスクリームオレンジ(ハーブティ)

オレンジピールt優しいバニラの香りをブレンドしたルイボスティー

 

☆ブレンドコーヒー

 

ドリンクはこの中から選べます。私はグリューワインティーとモルゲンタウ。

ワインティーの香りがとても心地よい~

娘はルイボスクリームオレンジを選びました。

 

最高の時間はすぐに過ぎてしまいます。時間が決まっていて90分。

90分もあれば十分♪と思っていたのですが…

最後は時間がなくて、慌てて食べてしまいました。

贅沢を言えば、もう少しゆっくりと味わって食べたかったです。

 

2人共、お腹がいっぱいで、最高に幸せな気分を味わう事が出来ました。

娘の満面の笑みを見れた私も大満足です。

 

少し値段は張りますが、娘と普段話さない話も出来て、お金には変えられない素晴らしい時間でした。

 

機会があれば大切な人との時間を是非味わって下さい。

奈良ホテル

www.narahotel.co.jp

今日を大切にする

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

もうすぐ、2022年も終わりますね。

 

2022年はどんな年でしたか?

 

今年の我が家の一大イベントは、夫の両親と私の両親そして私達家族が集まれた事です。本当は旅行がしたかったのですが、父の体調の事もあり、食事会となりました。それでも子供達の成長した姿や何十年ぶりの再会やらで楽しく過ごす事が出来ました。

 

こうやって家族がそろって食事を出来た事が本当に良かったなと思います。

人生はいつまでも続かない

私が人生はいつまでも続かないと強く思ったのは、母の突然の病気でした。

 

まだ20代前半だった私が手術中に考えていた事は(こうしとけばよかった)とか(もっと一緒にいればよかった)とか母と一緒にした何かを思い出すのではなく、「○○しとけば良かった」と後悔しか考えていませんでした。

 

幸い一命を取り止め、元気に毎日を感謝し生活しています。

 

あれから約25年、その間沢山の出来事がありました。

 

多くの人達との出会い・結婚・出産と楽しい出来事も沢山ありました。

 

同時に幼い命を失った友人、病気でこの世を去った友人、事故で夫を失った友人…悲しい出来事もありました。

 

それはある日突然にやってくるのです。

 

今年は父が倒れた事もあり、後悔のないよう今私は出来る限りの事をしています。「人生はいつまでも続くものではないんだ」という事をここに記しておこうと思います。

 

充実させるべきは今日

人生はいつまでも続くと思っていませんか?

 

我が家の息子は20歳、娘は16歳です。

子供達が小さかった頃は家族で旅行が当たり前でした。

が、今は家族4人のスケジュール調整するのが大変です。

 

最近私はお正月は後何回一緒に家族と味わえるのか?

家族4人で旅行出来るのは後何回なのか?

一緒に夕食が出来るのは?と思ってしまいます。

 

こういった「当たり前」の様に思う事が一瞬にして消えてしまう事もあるのです。

 

それは誰にでも起こりえる事。

 

そう思うと、一日を大切にでき一食も、誰とご飯を食べるのかも真剣に考える事ができるのです。

 

毎日を大切にするという事は、それだけ一生懸命生きているわけですから、後悔しないんです。

 

だから、私は家族に「ありがとう」や「大好き」と言葉に出して伝えています。

 

友人達にも会いたい時に会う様にしています。

 

自分の会いたい人、誰と何をしている時が幸せなのか?

 

 

もし会いたい人がいるなら自分から連絡を取って会いに行って下さい。

迷ってるなら挑戦してください。

 

失敗する確率の方が高くても、やらない後悔とやった後悔ならやった方が一歩前に、進めています。

 

大切な人や身近にいる人に日頃の感謝の気持ちを伝えると温かい気持ちになります!

 

このブログを読んで下さったあなたも今日一日を大切に過ごして下さいね♡

 

感謝の気持ちをこめて。

いつもありがとうございます。

 

 

誰にも見られていないときに○○をやってみる

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

人に優しくした時、「ありがとう」の言葉がとても心地良いです。

 

でも…毎日忙しくて余裕がないと自分の事で精一杯で、誰かから手助けを求められていることすら目に入らないですよね…

 

そんな時お勧めなのが、日々の目につく範囲で「小さな良い事」をやってみること。

 

たとえば、会社のフロアに落ちているゴミをこっそり拾って捨ててみる。

使い終わった洗面所の水はねをさっと拭いてみる。

 

人のためになることを見返りを求めずにやってみるんです。

大好きな人の喜ぶ顔が見たくて無条件でやっている。そんなイメージです。

 

人のために良いことをすると、なぜか自分が幸せな気分になって心が温かくなりますよ~♡

 

 

なりたいより「ありたい自分」になる

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

最近自身の仕事のあり方について悩んでいました。

そこでこの1週間、自分が会いたいと思う人に会って話をしました。

 

幸い連絡を取った友人達はすぐに時間の都合をつけ、貴重な時間を割いてくれました。短い時間ではありましたが、改めて「幸せ」という言葉に気づきました。

どうなりたいのか、ではなく、どうありたいのか

幸せというものは「目指すもの」というイメージが強いかもしれませんが、「青い鳥」はすぐそこにあるものです。

 

決して「特別なもの」でもないし、遠いところにあるものを取りにいくものでもありません。

 

友人達と話をして「幸せとは?」という質問に、今自分が何をしている時が最も心地良いのか?自問し、それが誰かを喜ばせている瞬間なのだという事だと分かりました。

 

前職では、未熟な私達に仕事後「勉強会」と称し、ボランティアで教えて下さった先輩達がいました。

 

とてもありがたかったのを覚えています。

 

いま私は、なりたい自分を意識しすぎていたのかもしれません。

 

そうではなくて、私は先輩が教えてくれたように、私も自分の知っている事を知らない誰かに伝える事で誰かが喜んで貰える事が嬉しいんだと思いました。

 

私は今周囲の人とどう関わっていきたいのか?どんなふうにまわりに影響を与え、周りを幸せにしていきたいのか?

 

それは「なりたい自分」ではなく、「こうありたい」という自分であるという事です。

 

私には夢があります。

ただ夢にこだわりすぎず「志」を意識していこうと思った1週間でした。

 

来年度就職を目指す君たちへ

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

最近仕事でのストレスが多く、リフレッシュする為に気の合う友人と会う回数を増やしています。

 

子供達がまだ小さかった頃、家族ぐるみで食事会をしていた友人と話していると、当時の思い出話に花が咲きます。

 

小さかった子供達も、来年からは社会人や就職活動に向けて取り組んでおり、

就職活動の話が多くなるのですが私も友人も、信じて見守るばかりです。

 

何も出来ませんが、心から子供達を応援しています。

 

納得のいく就職へ

数年続くコロナ禍やインフレ、円安が就職活動にどう影響するかは不安材料だと思います。悲観するのではなく、日本国内では労働人口が減少し続けているので、採用に熱心な企業も多くあります。分からない事は調べ、諦めずに出来るだけ多くの企業を見て下さい。

 

大切な事は

早めの準備と幅広い視点を持つこと

あきらめず、粘り強く取り組むこと

自分で考えること

 

最後の「自分で考えること」はやはり大切だと思います。

情報やアドバイスは幾らでも受ける事は出来ますが、決定権は自分です。

納得いくまで考え抜いて欲しいと思います。

 

自信を持って提出しても・・

就職活動では、明確な数値や基準のない中で採用・不採用が決まります。

自信をもって提出したエントリーシートや履歴書が通過しない時、手ごたえはあったのに、面接がダメだった等々…

 

不合格が続くと、自分自身が否定されたような気持ちになるかもしれません。

 

そんな時は1人で悩まずに、大学のキャリアセンターを大いに利用したり、家族のサポートを必要としてください。

 

心にゆとりがあり、温かいサポートを受けるとまたエネルギーが満タンになって、課題に向かって対策を考える事が出来ます。

 

企業の求める人材

仕事上事業主さんと話す事がありますが、多くの企業が求めている人材は「主体性」です。いかに自らが主体性をもって行動し、周囲を巻き込みながら実行できるか?です。

 

高校生・大学生時代に何をやってきたのか?という問いですが、全ていきなり出来るものではありません。

 

もしあなたが大学生なら、生まれた時から今までに経験した事があるから「今」があるのです。

 

学校生活、旅行、習い事、高校、大学受験で挑んだ事等々。

 

これら全ては、全部自分自身で考えて答えを出してきたことです。

ただ指示を待つだけではなかったはずです。

 

例えば、ロープの結び方。

子供の頃、習った事ですが、今はアウトドア等に役立っています。

習ったのは小学生時代。けれどそれは今でも活かせているのです。

 

旅行はどうでしょう?

毎年行っていた旅行が、コロナ禍になってからは一度も行けていません。

今は旅行に行けていないとしても、以前旅先でたまたま飛行機の隣に座った人と意気投合して、英語を学ぶきっかけになった事、旅をテーマに新聞を書いてきた事、後輩が行きたくなるような議事録を書いて発表した事等々。

 

旅行に行った事で、その結果どうなったのか?等考えると沢山でてくるものです。

 

今まで何を経験して、どう過ごしてきたのか?

 

過去の経験から得た事を最大限に引き出して今の自分に出来る事を考えてみて下さい。

 

最後に

大切なのは、プロセスです。

目標に向けて、頑張ってきたこと、達成するまでにどんな努力をしてきたのか?人との関わり、自分の経験を通して出来た事はその人にしか出来なかった貴重な経験です。

 

私がいつも書いている経験の大切さ「旅行」「人との出会い」「自分で体験した事」等は、あなたにとって何か感じる事があったはず。

 

それらは全て自分の「強み」「人間性」「価値観」「能力」の表れです。

 

自分を信じて前向きに自分の将来について考えて下さい。

 

全ての若者達へ

応援しています!!

 

 

 

誰かがあなたを必要としている!最後まで目が離せない【ザリガニの鳴くところ】

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

今日は本【ザリガニの鳴くところ】のご紹介です。

 

読みたくなったきっかけ

本を読む際、私にとってタイトルは大事で「面白そうだな」というタイトルから選ぶ事が多いのですが、今回のきっかけは85歳になる師匠のお勧めでした。

 

字も比較的大きく本屋大賞翻訳小説部門一位という事・ハリウッド映画も11月18日から公開されたということで興味が湧きました。

 

著者

ディーリア・オーエンズ

ジョージア州出身の動物学者、小説家。

ジョージア大学で動物学の博士号を、カリフォルニア大学デイヴィス校で動物行動学の博士号を取得。

現在はアイダホ州に住み、グリズリーやオオカミの保護、湿地の保全活動を行っている。69歳で執筆した本作が初めての小説である。

 

登場人物

キャサリン(カイア)・クラーク

湿地のほとりの小屋に住む女性

ジョディ

カイアの兄

テイト・ウォーカー

村の青年。ジョディの友人

チェイス・アンドルーズ

村の青年

 

物語のあらすじ

ノース・カロナイナ州の湿地で男の死体が発見された。人々は「湿地の少女」に疑いの目を向ける。6歳で家族に見捨てられたときから、カイアは湿地の小屋でたったひとり生きなければならなかった。読み書きを教えてくれた少年テイトに恋心を抱くが、彼は大学進学のために彼女のもとを去ってゆく。以来、村の人々に「湿地の少女」と呼ばれ蔑まれながらも、彼女は生き物が自然のままに生きる「ザリガニの鳴くところ」へと思いをはせて静かに暮らしていた。しかしあるとき、村の裕福な青年チェイスが彼女に近づく…みずみずしい自然に抱かれて生きる少女の成長と不審死事件が絡み合い、思いもよらぬ結末へと物語が動き出す。

感想

読み始めると目が離せなくなり、ゆっくりと読むつもりが一気に読んでしまいました。

 

私にも息子と娘がいるので、どうしても重ねて読んでしまい胸が痛む部分もありました。

 

主人公の気持ち、周囲の目、もし自分が同じ立場だったら、、、等々。

 

「愛」「家族」「孤独」「生命」とは?

 

この本で考えさせられる事がたくさんある様に思いました。

 

誰でも孤独や生きにくさを感じる事ってあると思います。

そんな時、誰かが必ずあなたを必要としている事を思い出して欲しいです。

 

広大な自然が持つ「優しさ」と「残酷さ」が彼女に教えてくれたこと。

 

最初題名からは想像がつかなかったのですが、本を読み終わった今

 

「ザリガニの鳴くところ」とはどこにあるのか?が少しだけ分かった気がします。

 

www.zarigani-movie.jp

クリスマスに読みたい絵本

ガネしゃんです。いつもご覧頂きありがとうございます。

 

クリスマスまでもうすぐ1か月。

クリスマスを扱った絵本や児童書はプレゼントにピッタリ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

今日はクリスマスに読みたい絵本の紹介です。

「あのね、サンタの国ではね・・」

黒井健/絵・嘉納純子/文 偕成社

 

子供達が小さかった頃、母がクリスマスにプレゼントしてくれた絵本です。

クリスマス以外の日はサンタクロースは何をしているのでしょうか?

 

ロバート・ウェストール/作、ジョン・ロレンス/絵 坂崎麻子/訳 徳間書店

1934年のイギリスが舞台。貧しい子どもを招いてクリスマスパーティーを開くことで町が明るくなるラストシーンが感動的。