ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

【広州料理】ニワトリの頭にギョっ⁉料理は最高

【PR】このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を利用しています。

ガネしゃんです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

「食在広州」(食は広州にあり)という言葉があります。

広東料理の魅力を分かりやすく伝える為の言葉なんだそうです。

 

そんな食の魅力たっぷりの広州で単身赴任している私の弟の所へ息子が遊びに行かせてもらいました。

 

今回息子が広州で食べた「食」の魅力をお伝えします。

 

点心はアフタヌーンティー

中国でいただく点心は、日本で言うアフタヌーンティータイム。

 

メインはお茶を楽しむこと。

 

点心は主食ではなく、あくまでもお茶のお供なんだそうです。

 

お茶は急須に入って出されます。

 

下にはお茶が温められていて、いつでも温かいお茶が飲めるようになっています。

 

お昼は接待でも使用されるちょぴり高級料理店にてお茶と点心を楽しみました。

 

湯葉の甘辛煮

中華粥

出汁が効いていて濃い目のお粥で美味しいそうです。

鶏の足の部分。

レッグではなく、身体を支えてくれるあの足です。

 

足の指は、ツメを切り落とせば立派な食材。

 

ツメのない指は、醤油、みりん、老酒、八角、唐辛子などと一緒にじっくりと煮込まれているようです。

味を楽しむというよりかは、食感を楽しむといった感じ。

パンの中身は煮込んだ豚肉がぎっしりと入っているんだそう。

パンは甘くてツヤがまた良い感じ。

 

餃子は1つが大きいサイズですね。

 

息子はお茶よりも点心の方が良いと言っていました。

 

ガチョウの肉って食べた事ある?と聞かれ「ないです」

「じゃあ、食べてみようか」

「はい」

味は、シンプルに美味しかったとの事。

鴨肉と同じ感じだそうです。

 

夕食は地元の食事を楽しむ

チャーハン

見た目は濃いですが、味はさっぱりとした感じ。

こちらはカエル

たんぱくな味で美味しかったそうです。

骨が結構多いみたいです。

こちらは、なすびの甘辛煮。

茄子の皮をむいて炒めた料理。

青梗菜?野菜炒め

上に乗っているのは、牛脂と同じ感じで食べないものだそうです。

ピーナッツや豆類が多く使用されていてラーメンにもナッツ類が入っていたそうです。

 

息子が地元のお店にも行ってみたいとリクエストした際、案内のお友達に「ちょっとうるさいけど大丈夫?」と聞かれ「はい」と答えると地元でも有名なお店にご案内され。

 

お店はガチャガチャとうるさく、人で溢れています。

 

調理場では鳥が上からぶら下がっていて、それらを調理したり、後ろではワイワイと話しながらお酒やゲームを楽しむといった楽しい雰囲気だったそうです。

 

それでも人気だけあって料理はとても美味しく帰国してからも食べたいなぁと言っていました。

 

麻婆豆腐は思ったより辛くないそうです。

四川料理で、出てくる麻婆豆腐は辛いそう。

 

ニワトリの頭にギョッ

こちらは、鶏の素揚げ

ニワトリの頭にギョッ⁉

 

飾りだそうですが、ちょっと見ながらは食べにくかったみたい。

けど味は絶品!!

 

油を何度もかけて素揚げにしているそうです。

日本にはない味で、たくさんのスパイスを使っていて、八角の香りや味も初めてだった息子。

 

現地の方も大好物でケンタッキーよりもこちらのほうが好きな味だそうです。

 

息子もずっと噛みしめていたい味だと言っていました。

 

 

こちらは、豆腐でお通しの様なもの。

 

日本の豆腐とは違った感じで、豆腐自体に塩っぽい味がして、何もかけずにそのままいただくみたいです。

見た目の通りピーマンの肉詰めのような味

玉子炒めで日本人は必ずと言って良い位注文されるそうです。

 

こんなハマグリ食べてみたい

こちらも庶民的に愛されている地元料理。

人気で待っている人も多くみられます。

 

鍋いっぱいに敷き詰められたハマグリがたまりません。

 

こちらは地元でも人気なお店でトト貝と漢字で書かれているので、日本人はトトガイと呼んでいるそうです。

 

ハマグリかあさりかを選べるようですが、今回はハマグリを注文。

 

貝のお出しがものすごーく濃厚で、それ以外に魚介や〆にラーメンなんかもいれるそうです。

ちなみにラーメンは出前一丁でした。

つけダレはセルフで何種類かあってバイキング風だそうです。

店内は人が多くガチャガチャとうるさいようです。

アワビもあります。

ニンニクをたくさん使用して、乾燥と生とでこれでもかという位入っているそうです。

貝の出汁に、魚介たっぷりだとそれだけでスープは美味しいに決まってますよね〜

 

こちらも帰国後もう一度食べたい味と言っていました。

滞在中は、「食、食、食」と食が多め、そして「車」「市内見学」と過密スケジュールでした。

ニワトリの頭は飾りとはいえ、食べにくい感じではありましたが、広州の料理はどれも最高に美味しかったそうです。

 

広州に行く機会があれば、食を堪能して下さいね!!

 

www.yumepolly.com