ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

1952年の映画【花嫁の父】

ガネしゃんです。いつも見て頂きありがとうございます。

 

両親が映画好きなのもあり、私も映画は大好きです。

母親の影響もあり、古い映画も観ました。

 

この記事を書くきっかけになったのは、大好きなブロガーさん、

なるさんの記事を読んだからです。

なるさんは旅行も映画も大好き♪

 

昔懐かしいスクリーンの雑誌を見て昔の映画を久しぶりに見たくなりました。 

www.narutabi.com

 

現代と比べたら昔の映画は白黒で、ゆっくりで単純ですが、豪華俳優さんを見るだけでも価値はあると思っています。

f:id:yu_me_po-lly:20200801101703j:plain

 

今日は「花嫁の父」を紹介します。

 

~あらすじ~

娘のケイ(エリザベス・テイラー)から突然、結婚を宣言され、驚く父親のスタンリー(スペンサー・トレイシー)。てんやわんやの大騒ぎで結婚式を迎える父親の複雑な心境を、ユーモアたっぷりに描いたファミリードラマです。

 

いろんな事が心配だし、ハプニングはつきものだし、お金もかかるし。。

 

愛娘の結婚に複雑な父親の心境がよ~く分かります。

 

いつの時代も父親は娘の事が心配なんです。

 

「父親の心の声」聞いてみませんか?

 

 

花嫁役を演じるエリザベス・テイラーは当時18歳。

 

美し過ぎるエリザベス・テイラーにうっとりしてみては ?

花嫁の父(1950) (字幕版)

花嫁の父(1950) (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video