ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

チーズはどこへ消えた?変化への対応、その時あなたはどうしますか?

ガネしゃんです。いつも見て頂きありがとうございます。

 

今日は本の紹介です。

 

全世界は勿論日本でも大ヒットを記録した「チーズはどこへ消えた?」です。

 

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

  • 作者: スペンサージョンソン,Spencer Johnson,門田美鈴
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2000/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 153回
  • この商品を含むブログ (235件) を見る
 

 

原因は分からないけど、自分の置かれている環境が少しづつ変わっていってるのでは?って経験ありませんか??

 

私の場合は仕事です。

 

今まで楽しく仕事をしてきたはずなのに、この1年間はなんだか、とってもしんどい。

客層も変化しつつある。。来年からは新しく機械も入れ替わる。。

 

このぬるま湯状態からなかなか抜け出せないでいた自分。。。

 

誰もが経験していると思う(少なくとも私は思ってます(._.))

環境の変化に正しく対応していくには、一体どうしたらいいのでしょうか?

 

人間関係、恋愛、仕事、友人、家族、これらの変化へ対応するヒントを示してくれるのが、この「チーズはどこへ消えた?」にあると思います。

 

ネタバレになりますが、(ネタバレ好き(#^.^#))※約束秘密は守る人です)

本書は分かりやすく、シンプルなストーリーです。

 

このストーリーを頭の片隅においておけば、どの状況にあっても、どうすればよいか、考えるヒントになると思います。

 

それでは、内容をネタバレしていきます。

 

この物語は、チーズが隠された迷路を舞台に2匹のネズミ「スニッフ」「スカリー」

2人の小人「ヘム」「ホー」がいます。

 

チーズは「私達が人生で求めているもの」で迷路は「チーズを追い求める場所」になります。

 

今の私の場合はチーズ=仕事です。

 

2匹のネズミと2人の小人はそれぞれが毎日迷路を駆け巡り、ある日大量のチーズが置かれているチーズステーションを発見します。

 

2匹のネズミには、頭を使う能力がありません。そのため毎朝、今までの家から走ってやってきます。それに対して、2人の小人は賢い為チーズステーションの近くに引越したり、わざわざ早起きせず、お昼に起きてゆっくりチーズステーションに向かったりするようになります。

 

ある時、チーズステーションのチーズがなくなってしまいます。突然なくなったわけではなく、毎日2匹のネズミと2人の小人がお腹いっぱいチーズをためていたため、少しずつ減っていってしまったからです。

 

チーズがなくなってからの行動がそれぞれ違いました。

 

2匹のネズミは新たなチーズを見つけ出そうと感覚で動きます。

小人たちはというと、「チーズはどこへいった?」とチーズがない事を確認するような日々を送ります。その場でとどまっているのです。(この一年間の私です)

 

チーズが手に入らない日々が続くなか、ホーはとうとう新しいチーズを探すべく、チーズステーションから離れる決意をします。成功が約束されていないため、ホー自身本当に、チーズステーションから離れるべきか迷っていました。

(この気持ち、凄く良く分かるのです。本当に今よりも条件の良い仕事なんてあるのだろうか?って思うわけです)

 

それでもホーは

「人生は進んでいく、僕らも進まなければならない」とヘムに言い残し、迷路へと駆け出していくのです。

 

(私もホーと同じく3月で今の仕事を辞める決心がついたのです) 

 

ホーは自分が学んだことをこう書いています。

  1. 変化は起きる
  2. 変化を予期しよ
  3. 変化を探知せよ
  4. 変化に素早く適応せよ
  5. 変化を楽しもう
  6. 進んですばやく変わり、再び楽しもう

 結果はどうであれ、じっとしていても始まらない、今は自分にそう言い聞かせて久しぶりにこの本を読んで見ました。

 

今何かで悩んでいる方がいらっしゃれば、この本を手に取ってみて下さい。

決断の手助けになるかもしれません。

 

どんな結果であれ、自分が出した答えに悔いは残らないと信じています。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村