ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

給与所得とは?

ガネしゃんです。いつも見て頂きありがとうございます。

 

前回所得は10種類あると書きましたが、今日から各所得について詳しく見ていきたいと思います。

 

会社員であれば働いたら、給与を会社から得ます。

 

税額計算の基本は、

 

自分の課税所得を知る事です。

 

所得税・住民税は、単純に1年間に得た収入に税率を掛けるのではありません。

 

会社員ならば、収入に応じて決められた給与所得控除を差し引く事が出来ます。

 

前回でも記載していますが、所得は収入金額から必用な経費を差し引いたものでした。

 

給与所得の場合は、

 

給与所得=収入金額-給与所得控除額

 

給与収入は、給与に該当する収入

 

給与所得控除額は、給与収入を得る為に必要となる経費に相当します。

 

ただ、1人1人がこの会社に行くために××を買った、○○買った、といちいちレシートを持ってきて会社に請求をしていると、会社の人も大変です。

 

なので、給与所得控除額はあらかじめ、決められています。(概算必用経費)

 

給与所得控除額の金額は

 

給与収入金額が

162万5000円以下なら      控除額は65万円

      

162万5000円超180万円以下なら控除額は収入金額×40%

 

      

180万超360万円以下なら     控除額は収入金額×30%+18万円

      

360万超660万円以下なら     控除額は収入金額×20%+54万円

      

660万円超1000万円以下なら   控除額は収入金額×10%+120万円

      

1000万円超なら控除額は220万円(上限)

 

と決められています。

 

さらに、事情に応じて様々な所得控除(例:社会保険料控除や扶養控除等)も行い、残った分が課税所得となるのです。税額はこの課税所得に税率を掛けて算出します。

 

※課税所得については追々に記入していきます。

 

次回は年末調整についてです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村