ガネしゃん

「人生に悔いはない」生き方がしたい主婦です。

架空請求にご注意を...

郵便受けに「民事訴訟最終通達所」と題した架空請求のハガキが届いてました。

 

ハガキの内容は「訴訟通達センター」といった行政機関を騙るところから、過去に利用した業者への「未払いがある」と思わせ、「裁判所に訴状が提出された」「給与の差し押さえ、動産、不動産の差し押さえを強制的に行う」といった内容で消費者を脅し、不安にさせ、訴訟の取り下げについて相談するよう、記載されていました。

 

民事訴訟、裁判取り下げ、給与・不動産の差押え等のキーワードで脅したり、ハガキが届いて直ぐの期日で取下げ最終期日日をわざと設定したり、地方裁判所管理局等のいかにも存在しそうな期間を騙り差出人とすることで、不安を煽る様に書かれてあります。

 

このようなハガキが届いた場合の対策とポイントとしては、

 

ハガキが届いても決して電話はしない事。です。無視しましょう。

 

そもそも、裁判所からの通知はハガキで来ることはなく、必ず「特別送達」と記載された裁判所名入りの封書で郵便局員が名宛人に手渡しされます。

 

それでも、心配だという方や、相手に電話をしてしまった。という方は、局番なしの、「188」消費者ホットラインに連絡をし、専門の相談員に相談してください。

 

架空とはいえ、とても気分が悪かったです。